周回遅れの感想文

とっくに終わった話題について、感想を述べるブログです。あと酒日記。

今日の酒:おいしい(つまみが)

今週のお題「家飲み」

・サッポロ 塩ライチサワー 500ml缶
f:id:Weggsyz:20170609224415j:image

お題を見かけたので便乗していますが、特にそれに沿った記事ではありません。

なお、ライチである。

ライチって何なんでしょう? 固い皮に覆われて、独特の風味と瑞々しさを内包する中国原産の果物です。しかも正式名称?はレイシというそうで。それは分かりますが、本音を言うとよく分からないポジションの果物だと思います。生活に馴染みがあるわけではないし、何と表現すればいいのか迷う、ライチの味をしています。ライチとは、ライチです。見た目はアルマジロ系の、鱗のある動物みたいで格好いいですし、剥いた中身が白いのも少し不気味でグッドです。ナメクジ的な白さですよね。とはいえ、自分の中では珍味ポジションです。個性の強い味には少し苦手意識があります。

しかし酒になると、そもそも酒がよく分からないポジションの味なので(まずかったはずなのにいつの間にか美味しくなるビール、おいしくないが飲みたいウィスキーなど)ライチの不明瞭さも受け止めてくれます。おいしいです。確かにライチとはこういう味だったと思いますが、記憶していたよりもおいしかったです。

しかし、ほろよいライチサワーの方がおいしいです。酷いですがそう言わざるを得ません。塩まじりらしいけど、別になくてもいい味でした。元々ライチが甘ったるい味ではなくさっぱりした傾向なので、さっぱり+さっぱり=さっぱりという結果になっています。ハァ~さっぱりさっぱり。でもこれから暑くなりそうなので、これからおいしくなるお酒なのでしょう。

 

それはさておき『燃えよ唐辛子』がおいしい!!!

辛いものが好きだけど自信ある訳じゃない人にオススメのスナック菓子、アサヒから出ています。もうとっくの昔に話題に出ていたお菓子のようです。

唐辛子を何やかんやして味付けしています。揚げ物ですが一袋81kcalで、食べたらしばらくの間は舌に触れるものはいいかな…という気分になるかもしれないのでダイエットに効くのかもしれません。適当こいています。

味は暴君ハバネロが少しハンドルを切った感じです。辛さはまさしく唐辛子の辛さ、つーんと来るのではなく舌がヒリヒリするタイプの辛さです。一粒直径2センチほどありまして、輪切りした唐辛子をまんま揚げている、混じりっけなし!と太鼓判を押したくなります。セブンイレブンで見つけて買って以来、リピーターになってしまいました。量もそんなに無いので、夜食についつい摘まんでしまいます。

初めて口に入れると確かに強い辛味を感じますが、しばらく食べていると慣れてきて「あれ? 別に辛くない?」と思う瞬間が訪れます。しかしそのノリでバクバク二粒三粒一気に食べると「あれ!? やっぱ辛い!」瞬間が訪れ、一袋でだいたい一回~二回このサイクルを味わえます。辛い間の舌が痛むヒリヒリスースーした感覚と、辛くない間の、素材を味わうというのとも少し違う、言わば「不活性」な時間がたまりません。

日本の食べ物三大辛味と聞かれれば、わさび・からし・唐辛子ではないでしょうか。素人の考えですが、概ねこの三種で語れると思っています。わさびが最も風味豊かで、唐辛子が一番おいしく、からしは納豆かおでんという印象です。

何となく、納豆はからしが無いと食べたくない。美味しいのは唐辛子ですし、それは譲りがたい観念ですが、納豆やおでんに赤い唐辛子かける気分にはなりませんね。ただの習慣なのか、習慣が信仰に形を変えるのか、あるいはミームなのでしょうか。一度だけ納豆にわさびをつけたことがありますが、納豆の臭みとわさびの香りがマッチせず、やはり微妙だった覚えがあります。

今日の酒:おいしい

今まで行ったことのない店に入って、一人でちびちび呑みました。店の外観も内装も居酒屋らしい、居酒屋でした。一人ですと言ったのにお絞りやお通しが二人分出て来たのが虚しかったです。なんか、ごめん……。

ビール→杏子酒ロック→梅酒ロックで、酔う気のない自由な酒宴でした。最後は梅酒ハイを頼んだのですが、出て来たのはどう見てもロックの梅酒で、でもまあいっかとぐびぐび。

食事は串をメインに、といっても獅子唐ばかり頼みました。獅子唐はうまいものです。美味しく焼くコツやそもそもおいしい獅子唐(およびそこまでではない獅子唐)というものがこの世には存在するのでしょうが、そんなことは関係なく焼いた獅子唐はうまい!! そして空豆を食べました。私は隙あらば空豆を食べます。くたくたになった塩茹で空豆が好きです。しかしその店の空豆は塩で茹でるのではなく、茹でた空豆に塩をつけて食べるタイプのもので虚を突かれました。これはこれで、塩加減を調整できるのでおいしくいただけました。家で空豆食べるときも塩の量を気にせず、まず茹でて、塩は後から考えればいいんですね。

デザートはその店には無かったので、スタバでなんとかティーフラペチーノを頼んで帰りました。凍った紅茶うまいね!?って感じの飲み物でした。そして一番搾りを一缶開けまして、スプラトゥーンをプレイして、借りてきたDVDを消化するのです。今日はパーフェクトな金曜日でした。

今日の酒:おいしい

キリンビール 一番搾り 350ml缶


f:id:Weggsyz:20170531232338j:image

 

2本飲みました。今日というか昨夜というか、そら豆とたこ焼きも一緒に。夏でした。おいしかった。

ビールにこだわりは無いけれども、ビールを買って飲むなら一番搾りと決めています。昔、父が家で飲んでいたのはいつもこれでした。だからそうなのかは分かりませんが、家にあるビールとはキリンの一番搾りのことを指すのです。柄がかっこいいよね。

麒麟とは中国神話の霊獣で、獣類の長、鳥類の長たる鳳凰とは対を成すそうです。Wikipediaで知って少し驚いています。ルギアはキリンっぽくないぞ! 首長いけど。ともあれキリンビールの柄は味があってかっこいいです。ちょくちょくデザイン変更やマイナーチェンジされてたりするんでしょうか。

ちなみに今、「47都道府県の一番搾り」と称するキャンペーンをやっていますね。つまりどういうこと? と思い調べてみると、各県産の麦を使用したり大分ならかぼすの爽やかな香りがしたり、といったことではなく、イメージを表現したものみたいです。

“47都道府県 の一番搾り”は本当に味が違うのか?

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1034127/052400003

通常の一番搾りを生産している県の味が違ってたらなんか変じゃない? と一瞬思いましたが、イメージなら納得しました。都民道民府民県民、それぞれにヒアリングをしてコンセプトを掴み、コクやキレで違いを出しているそうです。やっぱり飲み比べたら「一番搾りに最も近い一番搾り」が存在するのではないかと面白半分期待半分で思っています。

余談ですが、キリンの公式ホームページをざっと覗いた限りではこういう事は書いておらず、「47都道府県の一番搾り」という言葉に嵐の写真映像、何名にビールが当たってキャンペーンはいつからいつまでという情報が前面に押し出されていました。詳細は分かりませんが、47都道府県のビールなんだな、ということはよく分かります。しかしそれだけで、自分の故郷はどんなのだろうといった興味を引くことができるので、提供する情報としては十分なんですよね。テクニックというか…何というか。

今日の酒:おいしい

飲み会で酒を飲みました。

ビールを数杯→ハイボール数杯→ちょっと日本酒。

飲んだと言うより…なんだろう…液体を通過して胃に落としたのは私の喉らしい。そんな感じで人格の必要ない場所でした。

しかしお酒はおいしいのであります。

今日の酒:おいしい

・ サントリー ブリュワーズ・バー~琥珀色のラガー~

サッポロビール エビス 華みやび

サントリー ザ・プレミアム・モルツ <香る>エール

 

f:id:Weggsyz:20170528215149j:plain

 

あんまり行かないコンビニで「あんまり見ないビールが売ってる!」と購入しました。

正直ビールの味の違いが分かるほど舌が発達していません。どれもおいしかったです。

エールビールは現在進行形で飲んでいますが、そこまでエールビールしてない気がします。香りはある。シール使って応募すればつまみがもらえるらしいですが、シールがめくれてくれなかったので断念します。

つまみは納豆を2パック食べました。つまみ兼夕食です。納豆はごはんにのせるよりそのまま食べた方がおいしいと思っています。そうでないなら海苔巻きかお茶漬けです。

『名探偵コナン』第857-858話感想

『米花町二転三転ミステリー(前編)(後編)』

17/4/29・5/6放送。ネタばれ含みます。

続きを読む